排水管の交換で水漏れトラブルを解消しよう

キッチンの水道 水漏れトラブルにはさまざまな原因がありますが、シンク下の排水ホースやその周辺箇所ではなく、その先の目に見えない排水管が要因のケースもあり、詰まりや逆流を起こしていれば排水管の交換が必要です。いざというときに慌てないよう、基本的な知識を知っておくと役に立ちます。

■排水管の交換が必要なケースとは?

食材のカスや脂分が蓄積すると、水の流れが悪くなり詰まりの原因となります。軽度の詰まりであれば、専用の高圧洗浄機などで排水管の中を清掃すれば解消することもありますが、それでも無理なら排水管を交換しなければなりません。
脂分などの蓄積のほか、配管の勾配不良も詰まりの要因となります。本来、排水管には水が自然に流れるよう適度な角度をつけているはずですが、これが変わると詰まりや逆流を引き起こします。この場合は適切な勾配に戻せば解消しますが、排水管自体に損傷があるようならやはり交換が必要となります。

■排水桝の交換が必要になるケースもある

排水桝とは、複数の排水管が合流する箇所に設置されている枡のことです。一般的には庭などに設置されており、古いタイプだと30センチから40センチほど、新しいタイプだと約15センチほどのフタが地表に露出しています。水漏れなどのトラブルが起こった際に、まず水道 工事業者が確認するのが排水桝とされます。ここを見れば家のどの排水管で問題があるかを見分けることができるためです。この排水桝が古くなって破損しているようだと、交換の必要があります。もし古いタイプを使っているようであれば、交換時には破損しにくい新しいタイプにするのがおすすめです。

■まとめ
排水管のトラブル解消はどうしても業者に頼む必要がありますが、自分で原因をある程度特定できれば、業者に依頼する判断材料となるはずです。水回りのトラブルが発生した際には、落ち着いて原因を見極めることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ