排水管の水漏れはパイプに専用テープを巻いて応急処置を

水漏れはいつどこで発生するかはわかりません。トラブルが発生したら速やかに原因を特定して自身で対処するか、難しいようなら水道 修理業者に修理を依頼する必要がありますが、トラブル発生時にすぐ自分でできる応急処置もあります。専用テープを巻くことで緊急の対応になるのは知っておきましょう。

■専用テープとはどういったものか

あまり聞き慣れないですが、水漏れ専用テープというものが存在します。名前通り水漏れに対応するためのテープで、のりを使用していない自己癒着テープ、防水仕様の補修テープ、シリコンゴムでつくられてべたつかない水道用ラップテープなどの種類があり、状況に応じて使い分けることができます。
使用時の流れとしては、排水管の水漏れ箇所を特定したあと、該当部分をきれいに拭いてテープを少しずつ引っ張りながらパイプに巻き付け、巻き終わりで強く圧着するのが基本です。取扱説明書をよく読んだ上で作業するとスムーズに完了させられるため活用しましょう。

■あくまでも応急処置と考える

排水管の水漏れトラブルが発生した時には、専用テープを巻いたからといって対応が終わったわけではありません。あくまでも水漏れをテープで物理的にふさいでいるだけのため、根本的な原因を解決する必要があります。また、水漏れは一箇所に限らず、もしかすると別の箇所にも問題があるおそれも考えられます。
自分で原因の特定や対処が難しいようであれば、修理業者に任せるのも手です。水回りは生活に欠かせない基盤であり、トラブルがあると不便な生活をしいられます。プロに任せて、安心して生活できる環境を早めに取り戻すようにしましょう。

■まとめ
排水管からの水漏れトラブルに直面しても、専用テープがあればパイプに巻きつけるだけで応急処置ができるため二次被害を防ぐことが可能です。いざというときのために、一家にひとつ準備しておいてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ